2018年 第9回農水会での会議内容を簡潔に説明させていただきます、荒木です。

 初めに、清水ハウスにて自然薯の収穫が行われました。

 会員各位のチームワークが良く、段取り良く収穫されました。
 収穫した自然薯写真です。

 自然薯写真1
  
 
 自然薯写真2
  

 収穫後、須渕工場にて会議が始まりました。

 最初に、清水社長から挨拶並びに報告をいただきました。
 芋は出来ているが、満足はしていない。
 各エリアの出来の差について、分析・検討が必要だ。
 とのお言葉をいただきました。

 続いて、㈱テクノス 鈴木社長から、
 除湿機設置後の、各エリア結実経時変化観察報告をいただきました。
 除湿機設置後、実の数が増加したように感じられました。
 今年度のトマト、ピーマン、自然薯の栽培が完了した時点で、
 結果を十分分析し、その結果からより合理的な栽培条件・方法を見定めていきたい。
 とのお言葉をいただきました。
 私も微力ながら、考察してみたいと思います。

 測定データから見ると、
 昨年よりは良くなりましたが、まだ販売出来る領域には達していないことが分かりました。
 来年には、販売出来る領域に入れるよう、考えていきます。

では、今回はこのくらいにさせていただきます。
ありがとうございました。